山本ヒサオ’

記事一覧(13)

ART SHODO AWARD -Curations- 開催決定!

ART SHODO AWORDは、昨年行われたART SHODO TOKYOに出品したアーティストの中から、7名の審査員が1名ずつ「アワード受賞者」を選び開催されるアートイベントです。今回はアワード受賞者5名(重複のため5名に)と次点入賞作家4名、それから審査員である山本尚志(特別出品)で、6日間にわたりアワード受賞者によるミニ個展及び次点入賞者と山本尚志によるグループ展が同時開催されます。個展の各ブースは審査員によってキュレーションがなされ、本アワードを盛り立てます。イベント最終日には、受賞式も行われる予定です。【ART SHODO AWARD(副賞:O美術館でのミニ個展)】 ※4/26-5/1の会期中展示。壁面約20メートルを1ブース。キュレーションは各審査員によるAyako Someyaグウナカヤマ菅原晋ハシグチリンタロウ渡部大語(以上5名。50音順)【次点入賞(副賞:O美術館でのグループ展)】 ※4/26-5/1の会期中展示。壁面約4メートル菅広小林真由香矢野童観Yoko.M(以上4名。50音順)【開催要項】展覧会名ART SHODO AWARD -Curations-会期2019年4月26日(金)〜5月1日(水)場所O美術館主催ART SHODO TOKYO審査委員長(敬称略):佐藤辰美(大和プレス)審査委員(敬称略・五十音順):小田康平(「叢」店主)清水穣(美術評論家)富山剛成(ギャラリーNOW)正木なお(Gallery NAO MASAKI)宮津大輔(アート・コレクター/横浜美術大学教授)山本尚志(書家)〜ART SHODO AWARD に向けてメッセージ〜ART SHODO AWARD(以下「ASA」)におきまして、私の不手際だと思うんですが、審査から決定まで、さらに制作までの時間がちょっとタイトすぎて、チラシが遅くなってしまいました。そして発表も遅くなってしまいました。至りませんで申し訳ございません。しかし、5人の受賞者の方には、相当無理を言って、全て新作で出していただけることになりました。これも、意欲的なアーティストの人たちの日ごろの努力の賜物だと思っています。ですので、当日美術館での展示は、個人的には今からすごく楽しみにしています。審査の途中に嬉しいニュースもありました。ハシグチリンタロウが、ルミネのアートアワードでグランプリ。グウナカヤマとAyako Someyaが、美術雑誌「アートコレクターズ」に掲載と、書道がグイグイと現代アートの現場に足を伸ばし始めているんですね。イヤーこれは、ちょっと前までは全く考えもつきませんでした。不思議なもんで、信じて前進する人たちには必ず何かチャンスが訪れるんだなと。最近、努力は人を裏切らないとか、努力は必ずしも成果に結びつかないとか、いろんなことをいろんな人が言ってますけれど、私が今現実に見ている現代アート書道の世界では、こんなにも頑張って成功する人が出てきてるんです。これが現実です。でも、アーティストとしての生活をおろそかにしていたりとか、ちょっと気が緩んでる人には、何もなかったりするんです。それもまた、現実でしょう。残りのアワード受賞者である渡部大語、菅原晋の両名についても、審査委員長の佐藤辰美の太鼓判が押されており、私も当日期待に胸膨らませています。どんな展示になるのか、どんな迫力で美術館を占有してくれるのか。ささやかながら私も壁面の片隅を、4名の次点入賞者とともに飾らせていただきますが、自分がどこまで圧倒されるのか、これも楽しみにしています。日本中の書道を愛してやまない皆さん。4月26日からの6日間、5月1日最終日まで、現代アートとしての書道の行く末を占う本展に、なにとぞ足をお運び下さいませ。 世界のアートシーンに、日本の書道が躍り出るその日まで、私たちは歩を緩めるつもりはありません。山本尚志(ART SHODO AWARD 審査員、事務局)

開催に寄せて 主催者より

エントリー方法と審査

日本初の現代アート書道専門のアートフェア「ART SHODO TOKYO」に出展希望の方は、zealhisao@gmail.com「ART SHODO TOKYO事務局」宛に参加表明をしていただき(これをエントリーと呼ぶ)、審査を受けて下さい。エントリー締め切り日は2018年1月15日。なお、今回の審査員は佐藤辰美氏(大和プレス)、富山剛成氏(ギャラリーNOW)、正木なお氏(ギャラリーフィールアートゼロ)の3名です。審査に受けるにあたっては、ART SHODO TOKYO事務局からメールで送られてくる形式の指示に従って、作品名と年代を1回につき最大3点をお送り下さい。審査は、2018年1月15日まで、何度でも受けることが出来ます。(ただし、1日1回のみ)しばらくしたら、審査員からのメッセージがメールにて届きます。(点数は最後までお知らせしません)参加者はそれを参考に、何度でもチャレンジ出来ます。審査員は「ART SHODO TOKYO 概要」にあるような採点方法で審査し、合格者を2018年1月30日当日、または翌日以降に、合格・不合格者全員にそのアーティストの最高得点と作品名を告知します。合格した方は、2018年2月28日までに、ブース費用などを指定された口座に振り込んでいただき、そこから2ヶ月で出展作品や出展計画書などをご準備下さい。(詳しい要綱は合格者に通知)